借金に悩むなら不動産物件を任意売却しよう

婦人

物件購入の基礎知識

住居

物件購入の流れ

呉市で注文住宅を建てる場合、不動産も購入する必要があります。この不動産は仲介物件を購入するのが一般的で、売り主と買い主の間に入る不動産会社から買うことになります。なお、不動産の価格とは別に仲介手数料が発生するのが普通です。呉市で不動産を買うときは、まずは希望条件をまとめましょう。住みたいエリアや広さや間取り、入居希望時期などです。それから希望条件に合う不動産の相場を調べて、予算を決めます。預貯金をいくら持っていて、住宅ローンはいくら借りられるかなどを確認しましょう。それから呉市の信頼できる不動産会社を探し、希望条件を伝えて物件を探してもらいます。任せるだけでなく、自分でもインターネットや広告で探してもいいでしょう。呉市の物件探しと並行して具体的な資金計画を練っていきます。不動産には購入資金だけでなく様々な諸経費がかかりますし、住宅ローンには金利もかかりますので、毎月の返済額をしっかりと計算しておくことが大事です。そして、物件が見つかったら現地に赴き確認し、OKであれば不動産会社と媒介契約を結びます。その後は不動産会社が売り主へ購入申し込みをしてくれます。物件に関する重要事項の説明が宅地建物取引士からあり、その内容に合意できれば売り主と売買契約の締結です。なお、このとき物件価格の1割から2割程度の手付金が必要です。この後住宅ローンの正式契約が結ばれて残金を支払った後に、物件の引渡しとなります。